検索

『藤井佐知作品集』刊行会員各位



 令和元年もそろそろ押し迫ってきました。皆様方にはご健勝のことと思います。この度

刊行会員としてご協力していただきましたおかげで『藤井佐知作品集』を刊行することが

できました。ありがとうございました。本日いち早く刊行会員様にお届けいたします。

 兵庫県民芸協会としての慣れない作業の中、全力を尽くして取り組んでまいりました。

素人故の不備もあるかと思いますが、ご援助いただいた皆様に満足していただけるのでは

ないかと自負しております。どうぞじっくりご覧いただき、藤井佐知を偲んでいただけた

ら嬉しく思います。また、今後のためにも忌憚のないご意見をお聞かせください。

 なお、刊行会本の内容を抜粋した普及版の販売を行います(¥2,500+税)。藤井佐知の仕

事をより広く知っていただくため、知人の方などに広報いただければありがたく存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 刊行会員皆様のご協力がなければなしえない事業でした。重ねてお礼申し上げます。あ

りがとうございました。 


兵庫県民芸協会会長 笹倉 徹




 この『藤井佐知作品集』の制作が決まってからの2年余りの間、刊行委員一同心血を注

ぎ取り組んでまいりました作品集がようやく完成し、刊行会員の皆様のお手元にお届けで

きることを大いに喜んでおります。

 この作品集の完成が事業の一区切りではありますが、また同時にこれは藤井佐知の仕事

に光を当てるという本来の目的の最初の一歩に過ぎません。

 まずは共にこの作品集を作っていただきましたことに感謝いたします。どうもありがと

うございます。


『藤井佐知作品集』刊行委員会代表 前野直史





 兵庫県民芸協会では藤井佐知の仕事の価値と意味とを少しでも多くの方に知っていただき、またより長く後世に伝えるためにこの藤井佐知作品集を刊行しました。

 作品集を作るにあたりまして募った刊行会には、全国の222名の皆様にご参会頂き275口のご協力を頂戴いたしました。また、その制作に当たりましても沢山の方々にその告知や取材、情報の提供などなどでご協力いただきまして本当に感謝しております。
 藤井佐知作品集は2019年12月1日に完成して刊行会員の皆様宛に1口あたり1冊づつお送りしました。万一何らかのトラブルでお受け取りになっていない方がございましたらお知らせください。
 ほんとうにどうもありがとうございました。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

五度、京都民芸資料館での藤井佐知展のお知らせ

当初予定されていた3月15日からの藤井佐知展はこのブログでも再々お知らせしておりますが新型コロナウイルスの影響で初日だけの開館で残りはすべて中止となってしまいました。 各方面調整の上さらに3日間だけですが開館されることになりましたのでお知らせいたします。 詳細は主催者である京都民藝協会の情報をご確認ください。 藤井佐知にご関心のある方はぜひこの機会をお見逃しありませんよう!とは言いたい貴重な機会に

© 2018    兵庫県民芸協会 藤井佐知作品集刊行委員会

  • Black Instagram Icon